[サイトマップ SiteMap][English][Castellano][お問合せ アクセス Contact Access][リンク Links][ストア Store ]

   江戸の隠密 武蔵一族

  武蔵流忍法   日本語のわかる方に特化しています。

                           

忍者が教える教室

Programs in English

一般向けプログラム

[一門の紹介写真]
[忍の武器
Weapons]
[芸能忍衆 音忍]
[通詞忍 通訳演習]
[
通訳・武芸 協力者募集]
[郊外修行場 野忍]


     昇龍

ねね 有名な甲賀忍の末裔

   忍者が教える教室 (日本語の分かる方のみ)

忍術教室  火曜

 20:00-22:00 組頭:習志野 2000円

忍者に学ぶやさしい身体術 土曜

 軽やかな体をつくる 朝日カルチャ₋センター新宿

忍術体幹トレーニング

 土曜日 新宿支部 お問合せください。

バック転

 プライベートレッスン お問合せください。

抜刀術

 プライベートレッスン お問合せください。

  日本語の教室に外国のお客様をお連れになりたい場合は
  小さい道場ですので 1名のみにお願いいたします。

 通訳をする方は以下を最低限、調べておいてください。

 道場の入り口で礼をする。
 道場の正面に向かって礼をする。
 師範に礼をする。
 作務衣の着け方の説明。
 刀に触れない。

 
Terminology
 黙想、九字切り、演武、刀の扱い、刀礼、抜刀、納刀、切っ先、柄、鞘、
  血振り、鞘引き、敵付け、殺気、残心、くりがた、正中線、刀のみね、蹲踞、
  残心、構え、上段、下段、八そう、受け流し、体捌き、受身をとる、
 鎖分銅、矢立、鎖鎌、十字手裏剣、棒手裏剣、苦無、的、暗号、吹き矢

 通訳者に一度説明してから、外国人に通訳する場合は時間のロスが
 2倍になることが多々あります。
 武術通訳をしたことがない場合は講習受講をお勧めいたします。

  

今日は武蔵一族の代表のくノ一、朱雀です。

武蔵・柴田家に420年間、伝承されている忍法・武芸を紹介するだけでなく、現在、いまだに忍者として生活している一握りの人たちがいるという 忍道文化を紹介しています